よくある質問

私の妹は精神障害者で既に成人しています。最近、妹が複数枚のクレジットカードを持っていることに気が付きました。おそらく、外出時、店舗などで勧誘されて作ったものでないかと思います。今後も、更にクレジットカードを作ったり、場合によっては、クレジットカードを他人に使われたりしないか心配です。良いアドバイスをお願いします。

本人の判断能力に応じて、家庭裁判所が適切な成年後見人・保佐人・補助人など(以下「成年後見人等」という。)を選び、選ばれた成年後見人等は、本人の希望を尊重しながら、財産管理や身の回りのお手伝いをする制度が成年後見制度(法定後見)です。妹さんの場合、この成年後見制度を利用することで、妹さんがした契約を取り消したり、契約の無効を主張することができるなど、妹さんを法的に保護することができるようになります。但し、成年後見人等には妹さんの自己決定権を尊重する義務がありますから、契約の取消しに際しても、妹さんが理解できるようによく話し合って行う必要があります。