よくある質問

本人が亡くなった場合、成年後見人・保佐人・補助人はどこまで対応してくれますか?

成年後見・保佐・補助は本人の死亡によって終了します。しかし、相続人らに財産を引継ぐまでの間は、保管義務がありますので、生前と同様に財産の管理事務が一定期間継続します。但し処分行為はできません。もっとも、家庭裁判所の許可を条件に未払の入院費や税金等の債務の支払いをすることができます。また葬儀や法要については、成年後見人の職務ではありませんが、やはり家庭裁判所の許可を条件に、火葬又は埋葬に関する契約をすることができます。