よくある質問

母親が認知症になりました。施設に入居する費用が必要なので、自宅を売りたいのですが。

お母様の財産の処分権はあくまでお母様にありますので、お母様以外の人が勝手に処分することは出来ません。ご自宅を売らないとお母様が施設に入所する費用がない場合には、成年後見制度の利用を検討してください。成年後見制度は、すでに判断能力が低下している方の場合、子どもなど四親等内の親族の方は、ご本人の判断能力の状態に応じて成年後見人・保佐人・補助人(以下「成年後見人等」と言う。)の選任を、家庭裁判所に申し立てることができます。家庭裁判所によって選任された成年後見人等は、家庭裁判所の監督を受けながら、ご本人の財産を管理、保護することになります。ただ、ご本人の生活の拠点であるご自宅を売却する場合には、ご本人にとって影響が大きいので、売却の是非について成年後見人等が慎重に判断し、裁判所の許可を受けることが必要となり、預貯金などの他の資産がある場合などには、必ずしもご自宅の売却が許可されるというものではありません。

また、親の財産が他の親族により勝手に処分されるおそれがあることを心配される方もあります。この場合にも、成年後見開始の利用をお勧めしています。