よくある質問

成年後見制度利用によりどんな権利擁護が実現されますか?

具体的には、在宅生活を支援する福祉サービスや介護保険サービスの契約、施設などへの入所 や入院などの契約、行政機関などに対する必要な手続の代理行為等の身上保護面における権利擁護及び預貯金や不動産の管理等の財産管理面における権利擁護が挙げられます。また悪質商法や経済的虐待の問題などにも対応することができます。