よくある質問

任意後見制度とは?

任意後見契約とは、まだ自分に判断能力がある状態の時に、自分の判断能力が不十分になった時にそなえて、自分で決めた人(任意後見人受任者)に預貯金の管理・不動産の管理・施設入所手続き・日常生活の為の金銭の支払いなどを委託する契約を公正証書でする契約です。

ご本人の判断能力が不十分になってきたら、任意後見契約を発効させる為、家庭裁判所に任意後見監督人の選任の申立てを行います。任意後見監督人が選任されて以降は、任意後見人が任意後見契約で決めた内容の後見事務を行います。任意後見人は任意後見監督人の監督下におかれますので、安心して生活することができます。任意後見監督人の選任の申立てをすることができる人は、ご本人(任意後見契約のご本人)、配偶者、四親等内の親族、任意後見受任者です。