よくある質問

ご本人には身近な親族がいないのですが、申立てはできますか?

成年後見・保佐・補助(以下「成年後見等」と言う。)の開始の申立ては、申立できる人が決められています。ご本人がご自身で申立することもできますが、ご本人以外の場合については、申立てができるのは、ご本人の4親等以内のご親族で、たとえば配偶者、父母、子や孫、きょうだい、甥・姪、おじ・おば、などです。身近なご親族がいない場合や、いても申立に協力していただけない場合には、市町村長が申立てすることが認められています。ご本人がお住まいの地域の行政窓口や成年後見センターなどにご相談してみてください。