事例紹介

CASE1、中程度の知的障害のあるAさん(50代・男性)

CASE1

最近になってお父さんが病気で亡くなってしまいました。お母さんも高齢になり、Aさんのことはおろかお母さん自身の身の回りのことを誰かにしてもらわないといけないような状況になってしまいました。

そのため今後Aさんの障害年金や通帳の管理、また施設に入所する際の契約など誰にしてもらうかで、みんな悩んでしまいました。

両親と過ごしていた頃のAさん

Aさんは、中学校卒業後、自宅でお父さんやお母さんの畑の仕事を手伝いながら生活していました。

Aさんは、簡単な会話を交わすこともできるし、ご飯も自分で食べることができます。でもお金の計算が苦手なので一人でお買い物には行けません。市役所からたまにAさんあてに難しい書類が来ていましたが、ぜんぶ両親にやってもらっていました。

両親には頼れなくなって・・・・

ところが、最近になってお父さんが病気で亡くなってしまいました。お母さんも高齢になり、Aさんのことはおろかお母さん自身の身の回りのことを誰かにしてもらわないといけないような状況になってしまいました。

CASE1

そして親族が集まって相談した結果、お母さんは老人介護施設に、Aさんは障害者施設に入ってもらって、そこで新しい生活をしてもらうことになりました。でも今後Aさんの障害年金や通帳の管理、また施設に入所する際の契約など誰にしてもらうかで、みんな悩んでしまいました。

成年後見制度の利用

そこで、成年後見制度を利用して、Aさんに代理人をつけてもらうことにしました。親族の中から一人が代表して家庭裁判所に申立ての手続をした結果、Aさんには保佐人が選ばれることになりました。

リーガルサポートとの出会い

CASE1

その保佐人はリーガルサポートの社員でした。保佐人はリーガルサポートに事件受託の報告をした後、早速Aさんや親族の方と面会し、Aさんの今後の生活のすすめかたや財産の状況を聞いて、家庭裁判所に報告しました。そして保佐人としての仕事を始めました。まずは施設との入所契約を交わし、市役所なども訪問して今後のAさんの手続について申し入れをしました。それから通帳を預かり、毎月記帳していくことにしました。その中からお小遣いを渡していくこともAさんと約束しました。

そしてAさんは、いま・・・

現在Aさんは、新しい施設で、少しずつ友達もでき、介護スタッフの人にも慣れながら頑張って生活しています。今は、お母さんのお見舞いに行くことを一番の楽しみにしているようです。

CASE2、一人暮らしで老後のことが心配なBさん(70代・女性)

CASE2

Bさんは自分名義の一戸建てに一人で暮らしています。生涯独身で、子供はいません。年金収入だけでは生活するのに十分とは言えませんが、それを補うのに足りる蓄えがあり、金銭的な不安はそれほどではありません。Bさんの心配は別のところにありました。もしも・・・自分が突然病に倒れたら、入院手続きは誰がやってくれるのだろう、病院の支払いは誰がやってくれるのだろう、判断能力が落ちてお金の管理が出来なくなったらどうすればいいのだろう。不安を抱えたBさんは取引銀行に相談をしてみました。

リーガルサポートとの出会い

そこで紹介されたのがリーガルサポートでした。まだ判断能力もしっかりし、お元気なBさんの不安解消には、任意後見制度の利用が適切とリーガルサポートの電話相談員は助言し、任意後見人候補者として社員を紹介しました。

じっくりと信頼関係を築いて ・・・見守り契約の利用

任意後見契約の締結を前提に、その社員は初めてBさんと会いました。しかし、大切な財産をいきなり見ず知らずの人間に預ける約束をするというのは通常考えにくいことです。そこで、社員はBさんと、定期的にBさんを訪問することで、お互いに信頼関係を築いていく約束をしました。これが「見守り契約」という契約です。毎月1回の訪問を通して、Bさんの話を聞いていくうちに、Bさんのもうひとつの気がかりは、死後のBさんの財産の帰属であることがわかりました。社員は、Bさんの悩みや不安を聞きながら、その解消にはどうしたらよいか共に考え、アドバイスしながら、公正証書遺言の作成を勧めました。遺言書作成を終え、Bさんは少し安心したようでした。

いよいよ任意後見契約へ

CASE2

遺言書作成が一段落した頃に、Bさんは現在の自分のことに落ち着いて目を向けられるようになりました。社員とBさんが出会ってからすでに2年が経過し、財産管理を任せるに足りる信頼関係が築かれていました。任意後見契約については、十分に時間をかけて話し合い、代理権、報酬額を二人で取り決めました。任意後見契約の内容についても、Bさんは徐々に理解を深めていきました。そして公証役場で任意後見契約書に押印し、無事契約は締結されました。

そしてBさんは、いま・・・

今でも社員はBさん宅への定期的な訪問を続けています。Bさんの好みも、通っている病院も、常用している薬も知っています。Bさんの愛用のハンドバックの中には社員の携帯番号を書いたメモがいつでも入っています。自宅の電話の前にも大きな張り紙がしてあります。Bさんの身の上に何かあれば、社員には地区の民生委員さんから連絡が入るよう手配もしてあります。十分な備えをしたBさんは、もしも・・・の不安から解放されて毎日を暮らしています。

お問い合わせ先 リーガルサポートあいち事務局 052-683-6696