リーガルサポートとは

ごあいさつ

「成年後見制度」を安心してご利用いただくために

新しい成年後見制度が平成12年4月1日にスタートしましたが、その利用の促進や啓発活動、そして第三者後見人の供給源としてリーガルサポートは、平成11年12月に設立されました。

リーガルサポートは、東京本部のほかに全国に50の支部を設置して、判断能力の低下された高齢者や障がいをもつ方々への支援活動を行っており、わが国最大の専門職後見人の養成・供給団体として、家庭裁判所を始め、各方面から高い評価をいただいております。

さて、最高裁判所の統計によれば、成年後見関係申立事件は、増加の一途をたどっており、今後もその利用の増加が見込まれています。また、リーガルサポートあいちに対する家庭裁判所からの後見人等の推薦依頼も年々増加しています。

リーガルサポートあいちでは、会員である司法書士に対して、法律はもちろん倫理や福祉、医学分野にまで及ぶさまざまな研修を行って、質の高い第三者後見人を数多く養成し、皆様から安心して成年後見事務を任せていただけるよう支援体制の強化のため、努力を続けています。

また、電話相談を中心とする相談受付体制を整備すると共に、制度広報として関係団体との連携や講師派遣、市民向け公開講座の開催など、成年後見制度に関する身近な法律実務家として、積極的な活動を行っています。

「いつもあなたのそばに!」を合い言葉に、みなさまからのご相談をお持ちしております。

公益社団法人 成年後見センター・リーガルサポート愛知支部 支部長 前田裕之

基本理念

後見制度においては「ノーマライゼーション・自己決定の尊重という理念と本人の保護の調和」が求められています。そのため、単に財産を管理するに止まらず、本人の生活を支えること(身上配慮義務)が後見人の役割とされています。

  • ノーマライゼーション
  • 高齢者や障害者であっても特別扱いをしないで、今までと同じような生活をさせようとする考え方
  • 自己決定の尊重
  • 本人の自己決定を尊重し、現有能力(残存能力)を活用しようという考え方
  • 身上配慮義務
  • 本人の状況を把握し配慮する義務。

アクセス

〒456-0018 名古屋市熱田区新尾頭一丁目12番3号 愛知県司法書士会館内

お問い合わせ先 リーガルサポートあいち事務局 052-683-6696